マンション共用部のメンテナンスについて

宝コミュニティサービスではマンションの機能と資産としての価値を維持するために点検業務を行っています。
多様なライフスタイルの方々が共同で生活するマンションにおいて、 24時間365日快適なマンションライフがお送りいただけるよう日頃の設備点検により 異常・故障を未然に防いでいます。

建物外観点検

一級建築士・マンション維持修繕技術者をはじめとする有資格者による建物外観目視点検を行います。毎年実施することにより、建物の劣化・破損箇所を発見できるだけでなく、屋上防水・外壁塗装など大がかりな工事の時期を早めたり、遅らせたりする長期修繕計画の判断に役立ちます。

電気設備点検

動力制御盤・電灯分電盤の状態点検や電気回路の絶縁抵抗値の測定を行うことにより、電気設備等が漏電を起こしていないかを調べます。万一停電などが起こると、照明器具が点灯しなくなったり、エレベーターなどの動力が停止するだけでなく、給水も停止する場合があります。また、共用廊下の急な球切れをできるだけ未然に防止できるよう、照明器具の点灯状態の点検及び取替を行います。

浄化槽設備点検

浄化槽法に基づき保守点検、 水質検査及び清掃を行います。浄化槽法にそって水質検査を行います。

給排水設備点検

大切なライフラインである給水設備は特に神経を使います。満減水など異常を監視する電極棒や警報装置やバルブ、給水の心臓部であるポンプの状態をくまなく点検します。雨水・排水枡等の排水設備の外観目視点検を行います。マンションによって各戸水道メーターの検針を行います。(年6回)
水道法に基づき1年に1回貯水槽の清掃と水質検査(臭い、味、色、濁り、残留塩素濃度)等を行います。

消防用設備等 外観目視点検

消火設備(消火器)、警報設備(受信機等)、消防活動上必要な施設(連結送水管等)などの消防設備が錆などで劣化、変形していないか、非常照明装置が点灯するかを外観目視により点検を行います。普段使う器具ではないだけに、重要な点検といえます。

消防法定点検

消防設備機器の作動点検だけでなく、避難ばしごをきちんと降ろせるか、障害物がないかを実際に作動状態を点検します。この点検は避難ばしごのあるバルコニーに立ち入らなければできないため、該当の住戸の方の在宅協力をお願いしております。 消防法に基づき消防設備の機器点検(年2回)・総合点検(年1回)を行います。

機器点検

設備、機器等の外観点検及び点検スイッチ等による機能の確認。

総合点検

設備、機器等の外観点検及び点検スイッチ等による機能の確認。「消防点検結果報告書」を作成し、消防法に基づき定期的に管轄の消防署に提出します。

連結送水管の耐圧点検等

設置後10年を経過した物は、管路の耐圧点検を3年毎に実施します。 消防ホースは製造年より10年経過した物は、交換または、耐圧点検を3年毎に実施します。

エレベーターの保守点検

昇降機検査標準(日本工業規格[JIS])に基づく定期点検(停止点検)を行います。部品の消耗、老化を調べ部品交換を提案します。隋時リモート点検(遠隔点検)によりエレベーターの異常を電気信号で遠隔から監視します。建築基準法に基づき1年に1回昇降機定期検査を行います。

マンション共有部分のメンテナンス

※この記事はトレジャーボックス2005年秋号に掲載された当時のものです。