あのひと、このひとクローズアップ 番外編

清掃班の一日

「マンション清掃」って、具体的にはどんな仕事をしているの?宝エステートサービス㈱メンテナンス部、井上さんが指揮する班のとある一日に密着してみました!

ミニほうき1号
見ての通り、てのひらサイズのほうき&ちりとりのセットです。通常のホウキだと大きくて入らない、狭い部分のゴミを取るのに使っています
ミニほうき 2 号
こちらはもっと小さなホウキです。主に蜘蛛の巣を取るのに使います
愛称:棒
これは……名前はなんていうんでしょう(笑)? 「棒」と言っていますが、これも自動扉や、エレベーターの溝のゴミを取るために使っています
ケレン
これはケレンという道具で、刃がヘラのようになっている方はへばりついたガムなどを取る用、細い方は溝などに挟まったゴミを取る用です
ドアストッパー
扉を開けたまま作業しないといけない場面も多々あるので、これがあると効率的に掃除することができます
ドライバー
溝のゴミを取る他、コンセントの蓋を開けたり、重りにしたり、ドアストッパー代わりにしたり、いろいろな場面で活躍しています!
マイクロタオル
これはマイクロタオルで、普通なら拭き痕が残るような汚れもキレイに落とせます。他にも、エントランスで水を使うときに機械類にかぶせて保護するための大きめのタオルも用意しています
手袋
厚めのゴム手袋です。手を汚れから守るというより、水をまいてポリッシャーなど機械を使う際に、安全のため身につけています
腰袋
会社からの支給品です。結構深くて道具もいろいろ入りますし、拾ったゴミを放り込むこともあります(笑)。側面にはチャックがあって、集めた葉っぱなどを入れるビニール袋を収納しています

宝グループのマンション管理は外注せずに、「自社スタッフたちの力」でマンションのキレイを守り続けています。井上さんをはじめ、たくさんのメンバーが毎週宝のマンションを巡っていますので、見かけた際にはぜひその仕事ぶりにご注目ください!

※この記事はトレジャーボックス45号(2017秋・冬合併号)の番外編です